専門店では 佐藤計量器 SATO No.8268-00 赤外線放射温度計 -30~1550℃ SK-8300-温度計



- 放射率について -
放射率は物体によって異なります。以下の表を目安として参考にして下さい。
より精度の高い測定には対象物の放射率に近づける必要があります。いろいろなものを計測される場合、放射率が固定の温度計より可変の温度計のほうがおすすめです。
しかし全ての値を任意で選べる温度計は少ない為、測定対象物に放射率0.95に近い耐熱塗料を塗るか0.95の黒テープを予め貼り付けて表面温度を計測します。   
物体    放射率 物体 放射率 物体 放射率
0.85 アスファルト 0.85 0.98
0.80 0.95 肉・魚 0.98
真鍮 0.60 木材 0.98 パン・菓子 0.98
ガラス 0.85 0.92 野菜 0.98
タイル 0.80 プラスチック 0.95 皮膚 0.97


- 距離係数について -
距離係数は、温度計から測定対象物までの距離Dに対する測定領域の直径Sの比で表します。イメージとしては懐中電灯の光を想像して下さい。
光をあてる対象物までの距離が遠くなるほど光の円は大きくなります。測定物に接近できない状況が考えられる場合は距離係数比(D値)が大きいものをおすすめします。
温度計は測定領域内の平均値をとるため離れた物の計測にはより精度の高い測定が可能ということになります。
ただ測定物を間近で測られる場合や測定物の面積が大きい場合は特に問題にはならないでしょう。
レーザーマーカー機能はどこを測っているのかをわかりやすくするために付いています。
赤いレーザー光線が照射されますが、そのレーザー点は測定基点を示しているだけですので常に距離係数のことは念頭におく必要があります。
放射温度計の測定の基本は極力測定物に接近して測るのが基本といえそうです。